読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

†夢の掛橋†第5歩

みなさまこんにちは、夢の掛橋管理人西村 茉莉です。

さて、今回のお話は当時大好きだった、そして今でも大好きなkagrraと言う和風ビジュアル系バンドの曲「うたかた」を小説化したものです。
元々はボーカルの一志が飼っていた愛犬を失った時に作った曲ですが、当時の西村なりに精一杯アレンジしてみました。

では、どうぞ…


†…†…†うたかた†…†…†

静かな暗い夜。うすら寒くなってきた月明かりの真下で一人海辺に佇んでいた。
悲しくて涙も止まりそうにない。頭では理解していても、今はただ泣いていたかった。

「こんなとこにいたって何も変わらないのに…」


……………………………………

「何飲みたい?」

明るく笑い掛けるのは軽く日焼けした笑顔はとても爽やかで、優しくて穏やかだった。

「そうね、弘樹が選んだ奴ならなんでも良いわ。」

言っておいて少し恥ずかしいのか顔を隠すようにメガネを掛け直す。

静かなダイニングバーのカウンター。二人がデートすると必ず寄る店だった。
あまりアルコール慣れしていない美冬を連れてくるには少し危険な気もするが、酔い潰さないようにコントロールしながらも、一緒に飲むのが弘樹の楽しみでもあった。

「ジンさん、カシスベースで甘めに飲みやすいのをお願い出来ますか?」

 

良い感じに酔いが回ったところで静かな海辺へ移動する。柔らかな海風が弘樹たちを包むのがなんとなく心地良く、二人のお気に入りのスポットだった。

「このまま全てが終わってしまえば良いのに…」

不意に美冬が口を開く。らしくない後ろ向きな発言に弘樹は少し苛立った。
何故美冬がそんな事を思ったのか、理解出来なかった。

「なんだよ美冬…俺はもっと美冬といろんな景色みたい。そういうの、ねぇのかよ…」
「そういう意味じゃないわ。ねぇ弘樹、例えば今二人で死ぬとする。
死んだ後の世界なんて本当にあるかさえわからない。今幸せなまま死ねるのよ?それはとても幸せな気がするの。」

理解出来なかった。
死んだらもっと楽しい事や幸せな事を感じられないじゃないかと。

「それって逃げだと思う。今ここで死んだらこれから先の苦労から逃げる事になるんじゃないか?
辛いこともあるけど、絶対楽しいこともある。俺は美冬と越えて行きたい。」

恥ずかしげもなく言えるのは、周りに誰もいない秋口の寂しい月夜の海辺だからか、
はたまた美冬が今にも死んでしまうのではないかと感じられたからか、それは弘樹にしかわからない。

その夜はよく行くホテルで朝までゆっくりと過ごし、お昼過ぎまで一緒にいた。

「弘樹、ごめん私今日これから仕事だから…」

「そっか、無理すんなよ。」

昼食をとり終わり、そろそろ出ようかと言う頃美冬が言い出した。
割りとよくあることだったから特別気にもせず、ただいつも通りに背中を押した。

「うん、ありがとう。行ってきます」

まさか、それが最後になると思わずに…


次に携帯が鳴ったのは美冬の親からだった。ずっと幼なじみで美冬の体質も知っていた弘樹は何かあったら困るからと、母親の連絡先だけは知っていた。

「ひ…ろき…くん?」
「おばさん?どうしたんですか?」

泣きつかれた声の美冬の母。美冬に何かあったのかと不安になる。
パニックの発作を起こしただけではなさそうな雰囲気だった。

「美冬が…弘樹くん、とりあえず市大病院これるかしら?」

焦りが募る。
仕事なんて嘘だったのか、それともパニック起こして車に飛び込んだのか、いろんな感情が頭を過る。

「生きててくれ美冬っ」

タクシーに飛び乗って市大病院まで。美冬の安否以外頭に浮かばなかった。
昨日のらしくない台詞。自分の否定した台詞。背中を冷や汗が流れる。

病院前に着くと美冬の母が呆然と立ち尽くしていた。

「美冬…海に飛び込んだらしいわ。もう助からないって状態で病院に運び込まれたらしいの…」

静かに口が開かれる。ふっくらとした唇のラインや長い髪、パッチリとした目元がそっくりな二人の面影が重なり、事実なんだと頭では理解出来た。
だが、心まで到達していないのか涙は浮かばない。

「おばさん、美冬に会わせて貰えませんか?」

それしか今は出来ないのだと思った。弘樹にとって美冬は大事な彼女だ。それを失ったのは自分の責任だとそう感じた。


…………………………………………

美冬を失って1年が過ぎた。弘樹にとってこの1年はあっという間だった。
あの時美冬が言った意味を今なら理解出来る。でもそれじゃ遅かった。あの時理解してればと何回悔やんだだろう。

今弘樹がいる海が美冬が身を投げた場所だった。幾度後悔しようと現実は変わらない。
だからこそもう前を向かなければと、いつかまた何処かで会えるのだと、そう確信して弘樹は立ち上がった。

 

†…†…†あとがき†…†…†

はい、いかがだったでしょうか?

当時の精一杯とは言ってもあくまで20歳そこそこの作品ですからね、今書き直したらきっとまた雰囲気も内容もガラリと変わるのかなと思います。

この作品の中でチャレンジした事は一人称の目線ではなく三人称で書いてみた事ですが、これを書いてみてやはり三人称は苦手かなと思ったのを今でも覚えていて、きっとこれからも三人称では書かないかなと思っています。

またいずれ書いてみたいものですね。

では、またお会いしましょう。

†夢の掛橋†第4歩

みなさまこんにちは、夢の掛橋管理人西村 茉莉です。

さて、今回のお話ですが、今回は男の子視点での雨の日の失恋です。
では、どうぞ…


†…†…†雨の中響く音†…†…†

地元でも古いライブハウス。客席がざわついてるのが聞こえる。ライトが光った。ボーカルに目配せをするとアイツは頷いて俺のギターソロからステージは始まる。

俺も客として知り合ったボーカルの日向は名前の通り、明るくて温かい俺にとって大切な存在だった。

「お疲れ!」

ライブが終わり、片付け終わって、ミーティングをしにファミレスへ移動し、乾杯した。
ちらちらと目が行くのは日向の笑顔。俺は日向が好きだった。

そんな帰り道、日向を俺が送ってやることになった。車酔いの激しい日向を助手席に乗せて、海岸沿いの国道を走った。
暗い夜道、車酔いしやすい日向を乗せているのもあっていつもより慎重な運転をする。

「空…今のメンバーどう?やりにくくない?」

心配そうにきいてくる。カチャカチャと助手席からCDを漁って俺らのバンドの曲を流す。
まさか俺が日向の声に惚れ込んで、加入を申し出たとは今となっては口が裂けても言えないと思った。

「メンバーみんな好きだから、そんなん考えたことねぇよ」

笑い返す。実際メンバーと喧嘩ばっかしてる俺だけど、バンドとして納得して演奏したいが故だからだった。
思ってる事は全部言いたいし、裏表作りたくないという俺自身の意思表示だった。
信号に差し掛かったところで雨が降り出した。

「雨…空ありがとうね☆帰り雨降ると大変なんだよ~」

坂道を登れば頂上が日向の住む家だった。

「良いって。お前んち遠いもんな。」

笑って相手の頭をポフポフと撫でる。日向もへにゃっとした笑顔を浮かべてくれた。
そんな笑顔が可愛くて、愛おしくて仕方なくて、思わずキスしたくなった。
日向の家の前に着く。メンバー内で恋愛なんて有り得ないと思っていたから、告白なんてするつもりなんてなかったが、思わず告げていた。

「日向、俺…日向が好きだ。一緒にいたい。」

日向は驚いた顔。俺自身も驚いている。日向にとって俺はメンバーだとしか思っていないことを知っていたから。

「ごめん…うちは空をメンバーとしてしか見てないから」

中越しに答える日向の背中が悲しそうだった。日向にとって俺からの言葉は辛いもんだったのだろう。

「知ってた。ごめんな」

伝えた事は後悔したけど、伝える勇気を持った俺自身を褒めたかったし、俺にとって日向が大切な存在だって思ったから、後悔はしない。

「メンバーは付き合いたくないんだ。ごめん」

メンバーじゃなければって思ってしまうけれど、これも必要な経験なのだと思う。
だから今日は泣こう。そしてまた俺は明日から歩き出す。

 

†…†…†アトガキ†…†…†

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!如何だったでしょうか?
悲恋ってよりは単なる恋愛小説っぽいですね。

この作品から少し描写を入れて雰囲気を重視し始めていますね。しかし内容が若い。今読み返しても照れてしまいます(笑)

 

ではまたお会いしましょう。

†夢の掛橋†第3歩

皆様こんにちは、夢の掛橋管理人西村 茉莉です。

 

さて今回のお話ですが、今回は手紙越しの恋愛をテーマにしてお届けしたいと思います。
では、どうぞ…


†…†…†手紙の紡ぎ†…†…†


いつもと変わらない夜中。今夜違うのは“俺”が“アイツ”じゃないことくらい。
“アイツ”にとって“俺”は怖い存在なんだろうなって感じながらも、今の“俺”には“アイツ”から離れられそうになかった。“俺”は“アイツ”が好きだから。

テーブルに広げたノートに向かう。

「お前が何を見て、何を感じてるかなんて俺にはわかんない。
怖いよな…でも俺も、お前の中に存在してる人間なんだ。
お前が俺の存在を否定したとしても、俺がお前の中に存在するって事実は変わらない。
いつもお前を見守っててやるから…だから壊れるな…
お前の中で誰よりもお前を愛してるから…」

窓際の月明かりの下でここまで書き上げて空を見上げる。“俺”は“アイツ”に理解させなきゃいけない義務がある。
それは自ら自分を壊した“アイツ”が知らなきゃいけない現実だから。現実逃避して、自分を壊した“アイツ”の罪だから…

 

「“私”そういえばいつ寝たんだろ?」

朝起きるとそこはもうベッドの上。余りのけだるさに体も動かなかった。もう何日目かわからない。
大好きだった人に裏切られて自分にナイフを突き立てて現実逃避をしたあの日から久しぶりに意識が戻ったようだ。
カレンダーを確認。あれから3日は寝ていたみたい。
テーブルに広げた記憶のないノートと、あからさまに“私”ではない字。これは一体?


“私”の中のもう一人の“私”の存在。自分を守る為に作った“もう一人の私”
“彼”は「逃げるな」と言った。「“私”の中にいつまでもいて支えてやるから」と。
あの程度の出血で死ねる訳がないのだから当然なのかもしれない。少なからず“私”は今生きてる。
“彼”がいれば“私”はまた歩き出せる。そんな気がした。

 

†…†…†後書き†…†…†

はい、いかがだったでしょうか?
また重苦しい話しになってしまいましたが、これはずっと書きたかった作品です。
人ってそんなに強い生き物ではないから、逃げたくなるし壊れてしまうと思うんです。
だからこそ何かキッカケさえあれば動き出せる生き物なのではないかと。
私の物語がそんな一つのキッカケになれば良いなと思います。

では、またお会いしましょう。

†夢の掛橋†第2歩

みなさんこんにちは、夢の掛橋管理人西村 茉莉です。

 

さて、今回のお話はある女の子の記憶を辿っていくお話です。


では、どうぞ…

 

†…†…†記憶の扉†…†…†

どんなに手を伸ばして全速力で走ったとしてもその背中には届かない。
青いチェックの上下のパジャマはとても似合っていて、悪戯に笑う笑顔がとても爽やかで落ち着いた男性を匂わせていた。

 

布団を跳ね退け、呟く。

「なんだ…夢か…」

何が起きたのか理解出来ず、とりあえず布団から出ることにした。
蝉の鳴き声が響く。窓の外を見れば真夏の太陽が真っ黒のコンクリートを静かに焼いていた。
幾度となく繰り返したこのデジャビュに私はある人物を思い出す。

「幸貴…」

心から大切にしていて、誰よりも愛していた元彼氏。私にとって掛け替えのない存在。そして、もう記憶の中にしか存在しない人。

窓辺に飾ったツーショット写真は白いベッドの上に座って微笑む幸貴の少し窶れた顔と、満面の笑顔を浮かべる私だった。
23歳。当時の幸貴の歳。まだまだ遊びたかっただろうし、もっと勉強もしたいと言っていた幸貴との最後の写真。

“俺が死んでも夏樹が俺を忘れなきゃ、俺はいつも夏樹ん中に生きてる。多分俺に残された時間はあんまないから精一杯夏樹を笑顔にしてやるからさ、笑えよ、夏樹。で、俺を絶対忘れるな。”

幸貴が私に遺してくれた手紙。
本当にこれしか書いてなくて最初は笑ったけど、私はやっぱり幸貴が好きでその幸貴からの手紙が嬉しくてもう何回も読んだ。

「幸貴、愛してる」

写真へ愛の告白。
1つ後悔してることは私は1度も幸貴に“好き”とは言わなかった事。だから写真に伝える習慣が出来た。

もう後悔しないように、私がちゃんと歩き出せるように幸貴は絶対に見守り続けてくれるから。
記憶の扉の中に必ず幸貴はいるから…

 

†…†…†後書き†…†…†

はい、いかがだったでしょうか?
この作品は西村の好きな雰囲気で、当時にしてはまだクオリティは高めかなと思います。

きっと彼女はこの後、自分の「未来」を歩き始めたのではないでしょうか。

この作品が皆様にとってそんなきっかけになりますように。

では、またお会いしましょう。

†夢の掛橋†第1歩

最初の更新は以前行っていたメルマガの1番最初の小説です。

ある意味西村の黒歴史(笑)

8年経つといろいろ思うところも変わるものだなと、読み返して学びました。

では、どうぞ。

 

†…†…†星を見上げて†…†…†


「件名:No title
本文:
今何してる?」

2週間前に別れたはずの彼氏からメールが届いた。別れ話しをしてきたはずの彼からのメール。

私は心から彼が好きだった。幼なじみだった彼との思い出はどれも原形を残したまま美化されていた。


「件名:Re:
本文:
別に…
今更何?


素っ気ないメール。本当は嬉しかったくせに。
半ば自嘲しながらも、送信ボタンを押した。

ずっと彼といる覚悟で、彼を支えるつもりでいてそれなりに行動していた。そんな私を遊びだと言った彼が憎くて許せなかった。
それでも私にとっては大切な人だったから…一生側にいたいと願った人だから…

もう一度やり直せるんじゃないかと、必要としてくれるんじゃないかと、そう窓から夜空を願いを込めて見上げた。

「件名:Re:
本文:
この間の事は反省してる…言い方悪かったよな…ごめん。
今からやり直せるなんて、やり直したいなんて言わないから…謝りたかっただけ…」

正直嬉しかった。意地っ張りで頑固で負けず嫌いで絶対に自分の非を認めない彼が、謝ってくれた。
それだけで、嬉しくて許してしまいたかった。

「件名:Re:
本文:
そう…もう良いよ。私は大丈夫だから。
早く次の子探しなよ。」

けど、許してしまうのは彼の為にも私の為にもならない。
幼なじみだからこそ、私は彼にもっと成長して欲しいと思った。

「件名:Re:
本文:
ごめんな…」

それ以来彼とは普通の友人に戻った。
そんな彼は今までと大分変わり、自分から謝る事や意地を張るのを止めた。
私も人の成長に携わる仕事を選ぶようになった。
辛くても…悲しくても…人が成長する力はとても大きいから…
彼との恋愛は辛い事も多かったけど、私にとっても彼にとっても成長する糧になったから…

星空を見上げればいつだって歩き出す勇気を貰えるから…



†…†…†後書き†…†…†

はい、いかがだったでしょうか?
この作品ではキャラ名を一切出さずにどこまで書けるのかというチャレンジをした作品でした。

やっぱりクオリティは低いですが、当時の精一杯の作品でした。

 

ではまたお会いしましょう。

夢の掛け橋、その先へ。

はじめまして、西村 茉莉(にしむら まつり)と申します。長い間あるメルマガサイトで短編のメルマガを配信しておりましたが、そのサイトがサービス終了との事でこちらを開設いたしました。

当分は以前配信していたログの更新をさせて頂く予定ではありますが、それが終わり次第のんびりと新しく書いて行こうと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

†ー†ー†西村について†ー†ー†

 

趣味は読書、観劇、ギター、料理。

思考回路はほぼ料理の知識で出来上がっています。

また、aion le futureというアコースティックのユニットもやっていて、ニコニコ動画YouTubeにも動画を配信しておりますので、是非そちらも検索してみて下さい、よろしくお願いいたします。

 

 

†ー†ー†夢の掛け橋とは†ー†ー†

 

夢の掛け橋とは冒頭に書かせて頂いた以前配信していたメルマガです。今まで書いていた作品はもちろん、これからもずっと続けていきたいとう願いを込めてつけました。

今後はスイーツなどをベースにいろんなものをタイトルにしたお話を書いていきたいと思っています。かなりマイペースに書いていく予定ですので、どうか気長にお待ち頂けたら幸いです。

また、随時リクエストもお受けできたらいいなと思っています。

例えば、「こんなお菓子例えたらどうなる?」「こんな恋愛がいい」など、コメント頂けたら幸いです。どこまで再現出来るかわかりませんが、精一杯対応させて頂く所存です。

 

なにかしら伝わるような作品を、1つ1つ丁寧に精一杯書いて行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。